ちょこっと添えて

plusecoco.exblog.jp
ブログトップ

【友へ...出逢えて良かった!ありがとう。。】

彼女との出逢いは、、2009の春。。
お客様として、来店してくれて!
その後、お花が大好きだったことや、スタッフと共通の事があったりで。

お客様ではあったけれど、近い存在でいました。

ふらっと、お店に顔出しては、、
子供の事や、諸々。。

いつも、blogを読んでくれていて、、カフェの情報を交換したり
受験の話や、、いつも話は尽きずに。。

途中で知ったんだけど、、同い年だったし(o^―^o)

そんな彼女に、、

ちょうど2年前の12月。。身体の異変に気付き、、検査からの病気が発覚。。

それは、とても受け入れがたいことでした。。

そして、身近にいながらも、何もしてあげれず。。
ただ、、頼ってくれた時には、全力で力になりたくて、、

昨年の春。。副作用で、手先が金属に触れると痺れがひどくて
爪が切れない……と。。

勤務先の靴屋では、巻き爪などのお手入れのフスフレーゲの設備があるため
相談して、指先のお手入れも可能ということを伝えると
どうしてもの時はお世話になるね♪という会話をしたり!

昨年の秋。。
痛みの緩和用に、病院でホットパックを借りていたんだけど、
数に限りがあるから、、と。。

あずきカイロが、欲しいのって!
お店に顔出してくれたり(o^―^o)ニコ

今年に入ってからは、、
入退院を繰り返しながらも。。

治療と向き合い、前だけを見て、、
戦ってる姿を、、彼女のblogで闘病のことを
そっと見守りながら、、

様子をみては、連絡取り合いの日々。。

体調も良さそうな、、今年の春!!
3人で一緒に、大好きなケーキの盛り合わせを食べながら。。

いつもと変らず、、子育ての話、、子供達の夢の話。。
いつだって、、子供のこと。。

本当に、、子供思いのママでした(o^―^o)ニコ

夏頃から、、
病院にいることが、少しづつ増えてきて。。

9月にカフェランチの約束も、、治療の為。。延期になってね。

やっと、、11月にリベンジ出来ることになったけど。

彼女の、生きるという思いから、、

奇跡的に、治験に参加できることになり。。
その為、11月のカフェランチも見送りました。。

その時に、なぜか。。同時に
友人と、会いに行こうと考えていました♪

きっと彼女は、遠いから、、と、遠慮すると思って。。
二人で、ランチ兼ねて行くから
ついでに会いに行くという理由にしてね!!

元気そうだったんだ(o^―^o)ニコ

負けない!生きる!って、、、
本当に、辛い治療だったはずなの。。
それでも、頑張るって。。。

もうすでに、頑張ってるのに、諦めない。。

母親として、、子供を残して、先にはいけない……
という、思いでいっぱいだったんだと思う。。

頑張りだけでは、病魔も大人しくしてはくれず。

12/15 彼女は安らかに……

翌週末 最後に会って、ちゃんとお別れしてきました。。

11月に、また年内に3人で会いたいね♪って話してたから。。

心残りだったこと。
12月の頭に、体調崩して緊急入院したことを知って、友人と心配になったものの
連絡してよいのか、どうか。。

彼女のblogの更新を待とう。。
数日後に、前向きな内容の記事がUPされていて、少し安心しちゃったんだ。

もう少ししたら、連絡してみよ!って。。

なのに、、、
数日後に。。。。。

10月のblogに、エンディングノートを購入したことが記されていました。。

どんな思いで、書き残していたんだろうかと思うと、胸が締め付けられる思いでいました。

だけどね。。

本当に、気遣いの人で、いつも笑っていて、誰よりも家族を愛し、
仲間を想い、素敵な女性でした。。

きっと、その思いが、エンディングノートに書き残されていたんだろうな。。

お通夜では、お焼香ではなく

献花。。

花好きだった、彼女らしく……

帰宅してから、の 会葬御礼には

彼女の人柄が、残された人への優しさ溢れる文面が……
彼女らしい、返礼の品でした。。

言葉にならないほどの、愛を感じたのは、きっと皆同じ気持ちで
最後の最後まで、気配りが細やか。

もっと一緒に、おしゃべりしたかったし、、
行きたいとこもあったし、
約束守れてないこともあったのに。。

でも、もう会えない……

闘病中の彼女の頑張りは、、
きっと想像以上に、痛みや辛さを乗り越えていたんだと思うと
悔しさでいっぱいです。

でも、彼女の生きた証。。

私のblogを楽しみにして、読んでいてくれたから、
これからも、読んでくれると信じて、、

家族と過ごすはずだった、クリスマスの夜に残します。

彼女のblogに載っていた、クリスマススワッグ。。

a0157124_23220935.jpg
忘れないからね。。
沢山の勇気をもらったよ。。

ずっと気になっていたこと…

お通夜の夜、、聞けました!
最後は、ご主人と一緒だったと。。

寂しい思いしたのかな?痛みで苦しくなかったのかな?
と、、

でもね。安心したよ!!

寂しさいっぱいだった、私達に、きっと話を聞かせてもらえるように
彼女が、導いてくれたんだと思ってます。。

50歳3ヶ月という、若さで。。
家族を残して、

彼女のこと忘れない。。
為に、綴ります。。

そして、近くにいる大切な人。遠くにいる大切な人。
の為に、、
自分自身の身体を大切にしようね。。


出逢えてよかった。。
ありがとう


[PR]
by plus_ecoco | 2018-12-25 23:39 | 自分のこと

おうちshop「plus ecoco」 埼玉県久喜市のとある      住宅街にて...  ちいさなざっかやさんを  openしてます!     お問い合わせはメールにて。


by ecoco